Pierce The Forefinger

歩くマーフィーの法則

◎  ACVI ノブリス・オブリージュ #003 


ノブリスの足先を除いた両足分の処理が終わりました。特に脛の背面が細かいパーツだらけで、更にヒケ祭りときたもんで大変です。旧キットによく見るヒケというか溝もありましたし。コレ発売したの2009年ですよ。ねー。ダルいモールド彫り直したりしてたら余裕で2日取られちゃいました。いやしかし光パテとても便利です。


ユニコーンも塗り始めてたり。ガイアノーツのパールシルバーを試そうと思ってまして、既に試した友人曰く白いパールにしたいなら下地は白が良いそうです。黒下地だと完全に黒。シルバーという名前ですが普通のシルバーを使う様に下地を考えてはいけないということですね。使用感をまとめた記事は見当たらないし、今度テストピース作ってエントリにまとめてみましょうか。ということでガイアサフの上にEx-ホワイトをベタ塗りしてあります。合わせ目を処理しただけで裏打ちもしてないキットなのでパッパと完成させますよー。

あ、twitterで相互フォローの関係にある方のサイト(コチラ)にリンクを貼ってもらいました。ウチはただのブログだけど、バナーって要るのかな・・・

◎  ACVI ノブリス・オブリージュ #002 


卒論が終わりましたー。あとは細かい修正をして月曜日に提出すれば単位取得。こんな結果で良かったのかな、と思うことは沢山あっても結果として出てしまった以上どうすることもできず。これでやっと模型に力を入れられますよ。・・・しかし免許取得を考えてて、更に就職に向けての勉強もしなきゃいけないので時間を上手く使わないと4月までに2体完成は難しいです。

今日処理し終えたパーツはこれだけ。ノブリスってC面がすごい多いんですよね。更に金型の精度なんだろうけどガタガタしてるところが多くて、消してやろうとすると時間かかって仕方がない。マイナーなキットを出してくれるのは良いことですがそろそろ精度に力を入れて欲しいもんです。来週中には天使砲以外の処理を終える予定。

◎  ACVI ノブリス・オブリージュ #001 


mixiを辞めました。レスポンスの速さならtwitterの上を行くSNSは無いしね。twitterとこの模型ブログに専念します。

今まで作ってきた全塗装完成品は完成までの工程がそれぞれちょっとずつ違います。自分の中でのプラモ製作の手法が確立してなかったからです。ここらでちょっと見直してみようということで、色んな模型友達の話を聞いた上で「1工程を全てのパーツに施す」というルールを1つ決めてみました。それで早速ノブリスの合わせ目消しをこのルールの下でやってみたんですが、まー早いこと早いこと。完成品が5体になったことで手が慣れてきたってのもあるんでしょうけどこれだけ差が出るとは思ってませんでした。この一年は自分の手法を完全に確立することを目標としたいですなー。

ではノブリス・オブリージュ。一通り接着したパーツを中心に表面処理を進めてます。ACVIなのでパーツ量でディテールは十分ですし、アリーヤと同じく無改造全塗装のみとする予定です。こんなパーツ量にいちいち追加ディテールなんてやってらない。今までモノトーンばかりだったから今度は緑に挑戦してみようかと。難しい色です・・・。

back to TOP