Pierce The Forefinger

歩くマーフィーの法則

◎  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◎  HGUC クシャトリヤ #22.5 


特別大きな進捗ではないので前回の補足の意味として#22.5。エヴァーグリーンのスリットプラ板は肉抜き穴の裏打ちにもってこいの便利なモノです。ただ、穴の形に合わせて切り出すだけではどうにも芸が足りなく感じまして、足の裏ではC面を作って表情を出してみました。しかしそれでも何か足りない。そこでこんなものを作ってみました。

1mm幅に切り出したエヴァーグリーンのラップサイディングをスリットをずらして並べた後、流し込み瞬着で接着。これだけです。接着の際に下に塩ビ板を敷くとペリッと剥がれてくれます。剥がしたら裏面にもちょっと瞬着を垂らしておくといいかも。しならせても問題ありません。どこまでいけるか試してみたら、元の3本に分割される前にスリットで裂けて折れましたので強度は十分。ただ難点なのがコレを作るのにチョッパーとマスメツールが必要ということ・・・。


膝関節と韻を踏む様に挟んだ無加工のモノと交換してみました。相変わらず全っ然見えないところですけどこういう細かい所の積み重ねで作品クオリティが上がると信じます。膝もコレを使ってつくり直す予定。1本1本にC面作ってから纏めても面白そうですな。


片足分のプロペラントが出来上がりました。装甲面より盛り上がっているのは模型的解釈です。肉厚優先。まだまだ気になるところがあるので当分裾周りから移動できそうにありません。しかし楽しい。市販パーツも良いですけど自分でプラ板から作ったパーツは妙な達成感があります。

前回エントリを書いた直後に足裏の作り直しが決定しました。自分の中の評価が「お?」で確定した感じですね。何が気に入らないってその平面感。全然縦の密度が無いんですよ。プラ板も申し訳程度しか使ってないし、精度だってガタガタでひどいもんです。頭の中である程度イメージができてるので裾の改修が終わったら作り直しに取り掛かります。毎日見に来てくださってる方々、お疲れ様です、ありがとうございます。このお話はもうちょっとどころかまだまだまだまだまだまだまだまだ続くんじゃ。

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

はじめまして、バージニアスリムと申します

クシャトリアずっと拝見だ出ていただいています^^
綺麗なプラ板工作を参考にさせていただいています
どうすればこんなに綺麗に・・・(゚Д゚;)スゲェ
完成、楽しみにしています!

もしよろしければ、リンクを貼らせていただきたいのですが
よろしいでしょうか?

2010/08/22(日) |URL|virginia_slims [edit]

Re: タイトルなし

>>バージニアスリムさん
はじめまして、コメントありがとうございます。

プラ板での立体的な工作は自分もまだつい最近始めたもので、あまり自信がありません(汗)ただ、綺麗に仕上げるには正確にプラ板を切り出すのが必要かなーとは思います。過去にツールカテゴリでチョッパーについてのレビューを上げているので、よろしければ御覧ください。

当ブログはリンクフリーを掲げています、ですからご自由に設置して頂いて構いませんよ。ご報告ありがとうございました^^

2010/08/23(月) |URL|ikmt [edit]

Trackback

トラックバックURL:http://piercetheforefinger.blog88.fc2.com/tb.php/90-0df31107

back to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。