スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NorhWest Short Line社製 THE CHOPPER II

06 06, 2010

新しく導入した工具「THE CHOPPER II」の紹介です。カリフォルニアのNorthWest Short Line社から発売されている木材・プラスチック切断用のツールですね。18cm四方で黒い部分がダイキャスト製、マット部分は普通のカッターマットと同じ材質。自分はコチラのお店で購入しました。どこもだいたい8000円ぐらいでしょうか。


刃は長さ36mmの押切型。ビスでカバーごと外して交換します。この刃の恐ろしいこと恐ろしいこと。間違って刃を下から押し上げてしまったんですが、それだけで親指がバックリ深く割れました。持ち上げただけでこれですからアームを下ろしたら指を飛ばすなんて余裕な切れ味です。


0.3、0.5、1.0mmプラ板で試してみたところ1.0mmまでならOK。1.2mmは刃が欠けるのが怖くて下ろしきれませんでした。断面が本当に綺麗でヤスリを欠ける必要を感じられない程。写真はTHE CHOPPER IIで切断した1mmプラ板の断面。判断が難しいかな・・・サフでも吹けばもうちょっと見やすくなるかも。


この工具の唯一の欠点がこれ。マットの精度が悪いのではありません。アームとアームの根元で交差するガイドがキッチリ90度じゃないんです。ガイドは土台と一体で、アームもブレないようにガッチリと組み付けられているので改修の余地無し。特に1/144スケールだと微妙なズレがとても顕著に出ますね。だから自分はマットの切れ目をガイドにして使っています。マスメツールありきでやってるし、何よりこの切れ味の前ではそれぐらいの欠点あって無いようなものでさあ。


マット部分は取り外し可能。説明書に"Replacement mats are available from your favorite hobby or craft shop or directly from NorthWest Short Line(替えのマットはお客様行きつけの玩具・工芸店もしくは弊社より直接お求め下さい)"とあります。先のお店では残念ながら取り扱ってないみたいです。


30, 45, 60, 90度に切り出すためのオプションが付いていますけど、大元がズレているのでは意味を感じられませんな。

慣れてしまえばとても簡単に精度の出せる良い工具です。ナイフで溝を作って手で割るより断然綺麗に切れますからね。工具としては機能の割に高価ですが、「精度」に敏感な方にオススメです。
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
カウンター
プロフィール

ikmt

Author:ikmt
プラモ、フィギュア、やかましい洋楽が好きです。リンクフリー。

twitter
Flickr
www.flickr.com
ikmt314's items Go to ikmt314's photostream
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。