Pierce The Forefinger

歩くマーフィーの法則

◎  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◎  もう電池とは言わせない 


いくら良キットだからといってクシャトリヤを長い間弄っていると飽きてきます。丁度TLでアリオス製作が流行っていたので引っ張り出してきました。素アリオスは「壁」感がすごかったですけどGNHWが付くと解消されますね。ウチの子は合わせ目・エッジ処理だけ施して完成させる予定。バンダイのキットだからちゃんと作りたくなったらまた買えばOK。いやしかし足りない所だらけで弄る欲を抑えるのが大変でした。


キットをパチ組みする時ってダボを飛ばしてパーツを外しやすくしますよね。ikmtの場合緩すぎずキツすぎずの長さにするのが苦手なので、頭空っぽでダボ飛ばした後グリスを塗ってます。タミヤのセラグリスはチューブの先っぽが1/144スケールの凸ダボをすっぽり包み込んでくれるから楽チン。ただグリスなら何でも良いのかと言うとそうではなくて、中にはプラスチックを侵すものもあるらしいので注意です。ちなみにメンタームで試したことがあるんですけど、乾燥すると全然潤滑材として機能しないのでオススメしません。

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

Trackback

トラックバックURL:http://piercetheforefinger.blog88.fc2.com/tb.php/72-ced69516

back to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。