Pierce The Forefinger

歩くマーフィーの法則

◎  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◎  壽屋 ラインバレル #002 


工程は説明書通りに。アリーヤ作ってるとあのパーツ量がデフォルトだと勘違いしてしまって、今回のパーツ数の少なさに笑えてしまう。良いのか悪いのか。さて、太腿から膝にかけて3ブロックの挟み込みになってるラインバレル。太腿は接着して目消し、太腿に挟みこまれる人工筋肉は普通の後ハメ加工。人工筋肉は膝裏のパーツも兼任してしまっているので、膝との接続部は穴が露出してしまう関係で普通の後ハメができません。そこで写真左下の様にパーツをカットすると、膝の目消しができる上に筋肉を挟み込みで処理できます。勿論組み上げる時に要接着です。

ラインバレルは自己修復するロボット、という設定なので合わせ目を段落ちモールドにするよりは目消しで1パーツっぽさを主張すると良いかも。プラモを始めて1年経ってないので自分も試行錯誤でやってますが、案外と何とか成るものですね。単にネットで見れる作例が少ないから自分でやるしかないのだけど・・・

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

Trackback

トラックバックURL:http://piercetheforefinger.blog88.fc2.com/tb.php/2-566cb601

back to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。