スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Fisherman

07 25, 2015
DSC_6948

長崎さとる(@12e956f)さんがWF2015Sにて販売するFisherman展示見本を担当させてもらいました。コトブキヤのACVIシリーズACVキット対応のガレージキットです。3D造形ですので非常にかっちりしていますし、ダボ穴のガイドや可動のための構成等とてもよく考えられていて、組み立て易く塗り易いキットだと感じました。

Fisherman以外にもオーバードウェポンのヒュージミサイルを始め、公式からのリリースが望めなさそうなキットを複数販売されるそうですから、ACファンはもちろんメカ物に興味のある方は是非足を運んでみてください。

卓番:7-09-11
ディーラー名:B.M.W
原型師サイト:http://tigaihouken.blog.fc2.com
-2 Comments
By ベンジー08 18, 2015 - URL [ edit ]

以前クリアラン処理の件でコメントさせていただいたベンジーです。
とても参考になりました。 ありがとうございます。
また、教えていただきたいのですが、下地処理
ペーパーでエッジを綺麗に出すときはどんな道具を使っていますかペーパーですか❓
それとも金やすりですか❓ hguc パンシー等のエッジが
とても綺麗にでているので、、すいませんいつも質問ばかりで。

By ikmt08 23, 2015 - URL [ edit ]

>ベンジーさん
表面処理は岡式ヤスリに再粘着シートを貼り付けて、そこにホームセンターで買ってきた1シート50円ぐらいの耐水ペーパーを貼って使っています。ただこれを再現するには少々面倒ですから、HiQパーツから販売されているリタックスティックを買われると同様の効果が得られると思います^^

金ヤスリはスキヤキヤスリという単目のものを使っていますが、エグめのヘアラインが残るのであくまでガッツリ削りたいときのみ。最終的に前述のヤスリで#600まで磨いています。最後に、エッジというのは整面の副産物だと考えていて、エッジを出そうとエッジ部のみやっきになってヤスってしまうとその面が真っ平らではなくなり、エッジは出ているのに面が歪んでいる状態になりがちです。ですから、面を平らにすることを意識してみてくださいbb

Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
カウンター
プロフィール

ikmt

Author:ikmt
プラモ、フィギュア、やかましい洋楽が好きです。リンクフリー。

twitter
Flickr
www.flickr.com
ikmt314's items Go to ikmt314's photostream
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。