スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[完成] デビルペンチ

06 07, 2015
DSC_6884


YAMABIKO320製デビルペンチ(重機人間ユンボル)完成しました。
DevilPinch-013

DevilPinch-018

DevilPinch-020

DevilPinch-025

DevilPinch-031

DevilPinch-032

DevilPinch-034>

DSC_6874

DSC_6847

DSC_6523


大きなサイズやその他の写真はflickrからどうぞ。

というわけで2015年最初の完成品です。3Dモデル原型によるガレージキットで、当然合いが良くカッチリした作りでした。肩のニッパー柄デカールはHiQパーツ製のため発色がよく、暗い塗膜でも白が沈みません。

制作にあたり原型師様から資料を色々提供していただいた上で、自分になりにアレンジを入れてみました。改造箇所としては指を切り離して表情を付けられるようにした点と、踵の爪パーツをアルミ棒接続にしてきちんと接地できるようにした点です。武井画稿だと連載作業の簡略化のせいか赤と黒の単色のみでバッキリと色分けされていますが、模型的な見栄えが欲しかったので赤を数色使い分けています。

昨年末に完成した軍用魂魄ドライヴでやった汚し塗装がすっごい楽しくて、重機メカということで今回もガッツリやってみました。まあ下半身のやり過ぎ感にビビっちゃって腰から上は割りと大人しめですが(笑) ガンメタルでグワーッとハゲチョロした上で新しめの傷をスターブライトジュラルミンで表現しています。泥汚れもやっておけば良かったかなあ。

さて、このデビルペンチは原型師様の手元に渡ってWF2015Sで展示される予定です。ご覧の際は必ず5m以上離れてお願い致し〼。
-2 Comments
By ベンジー08 07, 2015 - URL [ edit ]

初めましてベンジーといいます。 よろしくおねがいします。
とても塗装が綺麗なので教えていただきたいのですが、サフの後基本塗装は
何回か塗り重ねなさいますか❓ また、クリアランス処理は行いますか❓
当方、塗装した後の塗装ハゲに悩まされています。
塗装後、組み立ての段階で塗装がハゲたりもするので厚く塗りすぎなのか、
クリアランス処理が甘いのか、悩んでいる最中です
よろしかったらエアブラシで塗装する回数、クリアランス処理の方法等
教えていただけると助かります。 よろしくお願いします。

By ikmt08 10, 2015 - URL [ edit ]

>ベンジーさん
コメントありがとうございます^^

サフ後の基本塗装は塗料の色が発色するまでは重ねています。
わたしの場合、まずサフの状態で軽くパーツ全体に塗料を吹き付けて色が乗りやすい状態を作ります。
このとき完全に色が乗る必要はなく、また更に塗料を載せるまでの間にこの層が乾燥していることが重要かと思います。
そして「発色した」と判断するまで最低2回、最高3回ぐらいは重ね吹きしていますね。

撮影時の調整で塗膜が削れてしまうことが何よりも怖いので、クリアランスは必ず調整しています。
サフ、上掛け塗料、トップコートの最低3層、さらにデカールやデカール保護のクリア等を含めると、
最大で5ないし6層の塗膜ができると考えられます。可動部の調整はやりすぎるぐらいが丁度良さそうです。
対処としては「削る」ぐらいでしょうか(笑)

塗料の希釈具合やコンプレッサの圧力等にも左右されますので、どうかわたしのコメントを鵜呑みにせず、
色々状況を変えて試してみてくださいbb

Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
カウンター
プロフィール

ikmt

Author:ikmt
プラモ、フィギュア、やかましい洋楽が好きです。リンクフリー。

twitter
Flickr
www.flickr.com
ikmt314's items Go to ikmt314's photostream
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。