Pierce The Forefinger

歩くマーフィーの法則

◎  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◎  撮影環境や次回作について 

百式完成からだいたい20日ぐらいでしょうか。完成したのはもうだいぶ前のような気がしています。今回どの過去作よりも反応があって、すごく嬉しい一方で次の作品は気を抜けないなといった感じです(笑) 趣味なんで気負う必要は無いんですけどね。

Issue100

前々作のオービタルまではデスクライト1灯をレフ板で反射させまくって明るさを稼いでいましたが、シャッタースピードを秒単位に設定しても思うように撮れなかったり、現像で弄って結果被写体にまで影響出ちゃったりで有りものでは殆ど限界でした。そこでmat氏の撮影環境を真似て光源を一新。結果は前回のエントリをご覧の通りで、隅々まで明るく被写体はくっきり。シャッタースピードも1秒まで短縮できたので、ぶっ通し3時間ぐらいで撮影が済みました。

構成は以下の通り。
・スチロールBOX(545×420×190 ) x2:680円
・ニトリ クリップライトLS-2112WH x4:4000円
・電球 PANASONIC LDA4NHE17 x4:3200円
金額はだいたいです。8000円で収まっていて、後々クリップライトで拡張したりもできるので、結果的にフォトラ買うより良かったかなと思ってます。ただし恐ろしいほど場所を取る。更に背景紙スタンドも入るため、長辺100cm以上の机が無いと設置は難しいです。IKEAでデカい机買っておいて良かった。

次回作はアンクシャ
DSC_3517

を予定していましたが作っていて全然楽しくないので中止。プロポーション変更まで済ませてあるのでいつか成仏させてあげたい。気を取り直してMGウィングガンダム

DSC_3713

もやっぱり楽しくない。プロポーションは全く問題なし。MGというよりは1/100シリーズに近い構造で関節のフラつきが少なく大変好感触です。うーん、完璧すぎて逆につまらないのかも。ゾイドにしようかなとか、いっそガレキにするかとか色々考えた末、

DSC_3735

MGシナンジュにしました。「はあ!?MGウィングより完璧キットじゃねえか!」と思う方もいるでしょうけどわたしとしては「ちょいダサ」なんですよね。各部のバランスとか、不要なモールド満載だったりとか。百式もそうだったように、ちょっと手のかかるキットの方が作る気にさせられるみたいです。ちなみにバンシィ以来の久々のオークション用作品。ボリューム面から見て一年がかりの工程になる予感しかしません。来月公開のEP7でやる気貰えるといいな~。
スポンサーサイト

back to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。