Pierce The Forefinger

歩くマーフィーの法則

◎  【補足編】HGUC バンシィ 

HGUC BANSHEE


オークションは無事に終了。アクセス総数4500強、ウォッチリスト100強とデビューにしては上々だったのではないでしょうか。終了10分前からF5を連打していたのは言わずもがな(笑) 商品は問題なく落札者様のお手元に届いたようで、出来にも満足していただけたようです。嬉しいなあ。

今回は補足記事です。完成編にも書きましたが、フレズヴェルク同様塗膜全剥がしを受刑しました。WAVEから出ている「Be-J HGシンナー 1000」を使ってみたのが原因。性能差がどれぐらいあるかはわかりませんが、このシンナーとにかく溶解力が強力で揮発が速い。3.5倍から4倍希釈のシャバシャバ塗料を、遠目から表面が潤う程度に吹く自分のスタイルには合いませんでした。ツヤと発色に定評のあるフィニッシャーズ塗料でさえつや消し仕上がりになりました。ハンドピースをパーツにかなり近づけた状態で一気に吹き終えるとツヤが出ましたが、タイミングの調整が難しく塗膜が厚ぼったくなるので通常用途にはガイアノーツのモデレイト溶剤が安定かな。あくまでわたしの好みで。

ただしツールクリーナーとしてはガイアノーツのものよりはるかに優秀です。メタリック塗料でさえうがい3回で洗浄しきる能力は病みつきですね。2缶買えば送料含めてもガイアノーツ製より安いし。

金塗装について。成型色や劇中の表現、文字の設定によるとサイコフレームは金に光るそうですね。でもメカニカルアーカイブスに載っているバンシィはどうにも金に光ってはいないんです。今回アームドーアーマー以外は目立つ改修をしていませんし、「他と差異を作るなら塗装かな」と思ってあまり見ないメタリックオレンジにしてみました。市販の調色済み塗料では欲しい色がなかったのでEx-シルバーをベースにクリアカラーで調色。いやコレが楽しい楽しい。まあ塗り終わって「あ、HiQさんのサンセットゴールドだコレ」って口から出ましたが。頭部の金も上品な色になってくれて大満足です。あれ...でも今見るとこれもHiQさんのシャンパンゴールドに激似のような...

さて、次はとあるホビーショップさんから展示見本の制作依頼に専念します。web公開の許可を頂いたので改修記事も書く予定です。納期is怖い。

◎  【完成】HGUC バンシィ 

HGUC BANSHEE

HGUCバンシィ完成しました。「続きを読む」からどうぞ。
» Readmore

◎  HGUC バンシィ #002 

REDWARRIOR modeld by Gecko

キャラホビ2013にて月光氏(blog)原型のG30thカバーキット「レッドウォーリア」展示品を担当させてもらいました。おかげ様で予定数完売。原型を作ったのはわたしではないけれど妙に嬉しかったです(笑) 補足記事を書く予定はありませんが、横スイングする股間パーツを上部で+1mmすると頭身バランスもカトキ立ち時のバランスも良くなります。参考までに。(イベント前徹夜は二度とやりたくないッスね...)

DSC_0139

合間を縫ってバンシィも進めてました。改造含めて塗装前の全行程が終了。細かいパーツはストレス溜まるので付けてません。

DSC_0142

DSC_0144

展開状態のアームドアーマーVN。エッチングノコで切り飛ばしたパーツにプラ板で面を作ってます。爪は上側をプラ板製に置換、下側は延長しただけ。爪を完全に下に向けてる方が多かったので反骨心から皆のやってない向きに。

DSC_0148

右手もちょっと弄りました。ヘイズルとかクアンタのジャンクを使った気がします。先端のサイコフレームは劇中同様のパネル状モールドを入れてます。

さーて明日にでも塗り始めますぞ。

◎  HGUC バンシィ #001 

HGUC BANSHEE

魂魄ドライヴの次はコチラ。HGUCバンシィです。ガンプラ作るのはデルタプラス以来殆ど1年ぶりですかね。とはいえ依頼物だったし、コレも手元を離れる予定の物なのですが。

はい、オークション用です。模型初めてそろそろ4年かそこら。ようやく満足に模型を作れる環境がととのったことと、撮影機材の充実、積み崩し目的、それから自分の腕にどれだけの値が付くのか知りたくての挑戦です。

HGUC BANSHEE

手始めにアームドアーマーVNの展開状態工作。収納状態と展開状態で全く形状の合わない作画トリックにそこそこ近づけたのではないかと。HGUCはまだしも、既存のどの製品もこれを再現してないとはどういうことなの。ep.5初見時に「そう開くのかよ!」ってつい口に出してしまいましたね。工作は至って簡単。元あるスジに沿ってノコを入れ、角度を変えるだけです。あ、下側の爪は左右を入れ替えてあります。仮組みのため詳しい構造はまた今度。

HGUC BANSHEE

腕を下げて横から。無理な工作はしてないのでシルエットも割りと綺麗に収まっている感じ。掴むというより引っ掻く武器っぽいし、下の爪は完全に下に向けた方がいいのかな。どうしよう。

HGUC BANSHEE

平らな面をヤスるのの楽しいこと。フレズヴェルクと違って面が素直だから処理もラクラク。そういうわけで1ヶ月ぐらいを目安に完成の予定。あちこち弄り始めると収集つかなくなるのはクシャトリヤで学習済みですぞ。少ない手間で最大限カッコ良くすることを目指します。

クシャトリヤは鋭意凍結中です。

back to TOP